生活を脅かす生物|害獣駆除で安心ライフを送る

作業員

蜂を駆除する時の業者選び

白鼻芯

直径が15センチ以上の蜂の巣は駆除業者に依頼しましょう。小さな巣でもスズメバチの場合は危険なので業者に任せます。評判の良い駆除業者は実績が豊富でスピーディーに巣を取り除きます。また事前に見積書を出してくれます。作業内容が具体的で、料金設定も明確に書いてあります。

見つけたらすぐに依頼

男の人

蜂の巣の駆除を自分で行うのは金銭的にも安全面でもお勧めできません。専門の駆除業者に依頼した方が安心です。優良駆除業者は、スピーディーな作業をしてくれて、見積もりも明確で、追加費用が発生しないといった特徴があります。

費用対効果を調べる

イタチ

保証付きのイタチ駆除業者は、万が一失敗した時の保険として人気があります。最初に支払った費用でイタチがいなくなるまで駆除作業をしてくれます。確実にイタチを駆除してくれる業者はそれなりに高額の場合が多いので、失敗しない業者選びの指標になります。

行動パターンを知る

蜂の巣

ハクビシンは臆病な性格で人を見るとすぐに隠れてしまうことや夜間に活動する夜行性の動物であるためほとんど目にすることはありませんが、タヌキやイタチなどと同様に都会でもその数が増えていることが分かっています。もともとこのハクビシンは農村部など自然の豊かなところに生息していましたが、森林の減少に伴いエサが減少したことから都会にも姿を現すようになりました。ハクビシンはおもに果樹や野菜などを好んで食します。そのため庭に果樹を植えている住宅や家庭菜園のある住宅などはハクビシンにとって絶好の住みかとなるため屋根裏などに侵入されてしまうことがあります。また雑食性でもあるためドッグフードなどペットのエサもよく食べます。庭などにエサを出しっぱなしにしている場合はハクビシンを呼び寄せる原因となってしまうので庭で犬を飼っている場合は注意が必要です。

ハクビシンによる被害で最も多いのが騒音です。ハクビシンは夜行性の動物であるため昼間はおとなしくしていますが、一転して夜となると活発に活動するため睡眠時に大きな足音に悩まされるようになります。また尿をすることで大きなシミが天井にできることや、ハクビシンに寄生しているノミなどが室内へと蔓延するなどの被害も出るようになります。ハクビシンが住み着いていることが分かった場合は害獣駆除業者に相談しましょう。害獣駆除業者に相談すれば効果的なハクビシン駆除が可能です。ハクビシン駆除はハクビシンの行動ルートを特定することころから始めます。行動ルートを特定した後は、侵入口をワイヤーでふさいで再び天井裏に戻ってくることができないよう物理的措置を行います。また天井裏に潜んで出てこない場合は忌避剤を使用してハクビシン駆除を行います。ハクビシンは嗅覚も発達しているので効果的に天井裏から追い出すことが可能です。ハクビシン駆除は専門的な知識が必要となるほか狩猟禁止動物に指定されているので個人での捕獲や駆除は禁止されています。そのためハクビシンの被害が確認される場合は害獣駆除のプロに依頼しましょう。ハクビシン以外にも同様のものにアライグマも挙げられます。アライグマも可愛らしい見た目に反して害獣に指定されている生き物になり、放っておくと多大な被害を被ることになってしまうので早めにプロの方に駆除依頼をしましょう。